よくある葬儀のトラブル対策

よくある葬儀のトラブル対策

よくある金銭面に関するトラブルを紹介したのちに、それに対する対策をみてまいります。
金銭面でのトラブルについては、依頼時に提示された金額と請求金額が異なるケースが代表的なものとして挙げられます。
このトラブルは、依頼時にはお願いしなかった物が勝手に追加されていたり、葬儀社の提示した見積もり以外にも支払うべきものがあることを説明されていなかったりした場合に起こりやすいとされます。
依頼時にお願いしなかった物が勝手に追加されたというトラブルを具体的にみると、ドライアイス・献花用の花・斎場の係員への心付けなどが勝手に増やされていたというものが多いようです。このトラブルは、打ち合わせ時に見積もりをきちんと書面で受け取っていなかったケースで起きているようで、事後に抗議をしても実際に用意したのだから支払えと言われてしまうという話を耳にします。そのため、原因として考えられるのは、葬儀の際に最初に見積もりをもらっていないことであると考えられます。

葬儀費用の抑え方、家族に相談することをお勧めします最低限の費用にしましょう

このようなトラブル防ぐためには、打ち合わせの際にしっかりと見積もりを書面にして受け取っておくこと、それ以外の料金がかかる場合があるか・あるとしたらそれは何かをきちんと聞いておくこと、不審な点があればその場で担当者に相談することが必要となります。葬儀の際は何かと時間がなく、また気持ち的な余裕もないので、通常であれば見積もりをきちんともらう人でも、ついつい忘れてしまうといった点に落とし穴があるのです。
依頼時に葬儀社が提示した金額と事後に請求された金額が異なるというトラブルについて具体的にみると、葬儀社が用意する分以外が含まれていない値段表示である場合、とくに葬儀一式○○円やセット料金○○円といった表記になっている場合に起こりやすいようです。一般的に、表示された値段ですべて賄えると思いがちなところに落とし穴があります。葬儀の際に必要となるものはすべて葬儀社が用意するわけではなく、手配するだけのものも相当数あります。そのため、葬儀社に支払う分が表示の通りであったとしても、他の料金、例えば戒名料や読経料などが加算された料金が最終的な請求金額になるのです。
このようなトラブルを回避するためには、総額でいくらになるかを必ず確認しておくことが必要となります。
以上が葬儀に際しての金銭トラブルの一例ですが、このようなトラブルが起きる背景としては、消費者に価格・サービスを検討する時間的余裕があまりないこと、相場観を持ちづらいこと、料金体系が複雑であること、葬儀社を営むのに特別な許可がいらないので悪質な業者が入り込みやすいことなどが挙げられます。
これらは、葬儀特有の問題点であるといえますが、消費者の立場で納得のいく葬儀を上げるためには葬儀社選びを慎重にすることや自衛手段としてしつこいくらいに説明を求め、書面にしてもらうことが大切なのではないでしょうか。

大切な人が亡くなり、気が動転して葬儀会社の言うなりになっていると費用がどんどん高くなります。1人できめずに、年配の親戚や家族と相談して決めることをお勧めします。葬儀費用の抑え方は何でも最小限にすることです。花の量、お棺の質、お棺にかける布、香典返しの物などでずいぶんと費用が違ってきます。最後にお風呂に入れてあげましょうと言われますが、病院や施設では看護師さんが体を拭いてくれ、綿をあちこちに詰めてあるので、する必要はありません。5~10万円もします。会場も少人数の部屋にしましょう。