相続人になれる者と相続人になれない者

相続人になれる者と相続人になれない者

相続人になれる者を学んだ後、相続人としての資格を失う場合がるか、その場合、相続されるはずだった権利義務がどうなるかをみてまいります。
法律上、相続人となれるのは子・直系尊属・兄弟姉妹(血族相続人)と、配偶者となっています。直系尊属については、より近い親等の者が相続をするので、そのような者が一人でもいる場合、それよりも遠い親等の者は相続することはできません。
これらの者以外は、相続人になることはできませんが、故人が生前に意思表示をしていれば、遺言や遺贈によって財産を承継させることができます。ここで注意しておきたいのは、胎児には相続権が認められていること及び生活関係を一緒にしていたとしても日本では法律婚が重視されるため内縁関係にあるだけの者は相続人になれないということです。
上記相続人になれる者であっても、被相続人の死亡前(つまり、相続が開始される前)に死亡した場合、廃除された場合、欠格事由がある場合には相続人になることができないとされます。廃除とは、相続人になる可能性のある者が、被相続人の生きているうちに虐待を加えたり重大な侮辱をしたりした場合や、著しい非行があった場合に被相続人が家庭裁判所に申し立て、または遺言の形式でその相続人になる可能性のある者を自分が死んでも相続人にはしないとするものです。欠格事由とは、相続人になる可能性のある者が、被相続人・同じ順位の相続人(自分の兄弟など)・先順位にある相続人を故意に殺害したり、殺害しようとしたりした場合や、被相続人がした遺言を詐欺・強迫によって撤回・取り消し・変更をさせた場合などに相続人になる資格を失うということです。

葬儀社の選び方 事前に決めることをお勧めします 家族と相談しましょう

上記以外にも、代襲相続という制度があり相続人になれる場合があるのをご存じでしょうか。代襲相続とは、被相続人の死亡以前に相続人となるべき子や兄弟姉妹が死亡、廃除、欠格事由によって相続権を失った場合に、相続権を失った者の直系卑属がその者に変わってその者のうけるはずであった相続分を相続することをいいます。
具体的にみると、父Aには子Bがおり、本来なら、父Aの死亡によって子Bがその権利義務を相続するのですが、父Aが死亡する前に子Bが死亡して相続権を失った場合に、子Bの子C(父Aにとっては孫)がいた場合に孫Cが代襲相続人として相続できるということなのです。
この代襲相続は、上述した相続権を失う条件に該当しない場合には起こりませんので注意をしてください。特に、相続を自己の意思で放棄したとしても代襲相続は発生しないということに注意が必要です。

どのように葬儀社を選んでいますか。おすすめの葬儀社の選び方は、生前に複数の葬儀社を訪れることです。パンフレットや、インターネットのホームページだけで判断せずに、一度葬儀社に行くことをお勧めします。実際に見ないとわからない部分もたくさんあります。説明するときに対応してくれるスタッフの態度もきちんとチェックしましょう。自分が亡くなった時に任せられるかどうか、丁寧に教えてくれるかどうかなどいろんな観点で判断しましょう。