法定相続とはなにか

法定相続とはなにか

法律上、相続される人を被相続人と呼び、相続する人を相続人とよびます。
被相続人の死亡により相続は開始し、相続とは人の財産上の権利義務を特定の人に承継させることをいいます。この相続には二種類あり、被相続人の遺言による相続とこれがない場合に法律によって定められた割合で分配される相続わけられます。これらのうち、後者を法定相続といい、民法上決められた割合に従って被相続人の財産が分配されることになります。
その割合は、以下のようになります。
(1)子と配偶者が相続人の場合は各二分の一ずつとなります。
(2)配偶者と直系尊属が相続人の場合は、配偶者が三分の二で直系尊属が三分の一となります。
(3)配偶者及び被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合は、配偶者が四分の三、兄弟姉妹が四分の一となります。

お勧めします、葬儀社の選び方。見積もりをしましょう。

また、子が数人いる場合や兄弟姉妹が数人いる場合はそれらの者の間では等しい割合で相続することが定められています。
少しわかりにくいかもしれませんので具体的な事例でみてみましょう。
(1)については、夫婦に子供が2人いた場合をイメージしてみてください。その夫婦の夫が亡くなった場合、夫が1200万円の財産を持っていたとすると、それが配偶者である妻に600万円(1200万円の二分の一)、子が計600万円(1200万円の二分の一)で二人いるのでそれを均等な割合で分配し、一人当たり300万円となります。
(2)については、夫婦に子がおらず、夫の父親がいる場合をイメージしてみてください。その夫婦の夫が亡くなった場合、夫が1200万円の財産を持っていたとすると、配偶者である妻に800万円(1200万円の三分の二)、夫の父に400万円(1200万円の三分の一)となります。
(3)については、夫婦に子供がおらず、夫に弟がいる場合をイメージしてみてください。その夫婦の夫が亡くなった場合、夫が1000万円の財産を持っていたとすると、それが配偶者である妻に750万円(1000万円の四分の三)、弟に250万円(1000万円の四分の一)となります。
以上のように、被相続人が遺言などによって、生前に相続人を指定しなかった場合に分配方法で争うことを防ぐため、法律に従って分配されるのです。
ただ、この法定相続分については、例外として、嫡出でない子は嫡子である子の二分の一とされ、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹は父母の双方を同じくする兄弟姉妹の」二分の一とするとされている点に注意が必要です。

最近は、終活といって自分の死後はそのような葬儀をしてほしいかを決めておく人が増えてきています。 しかし、急逝して場合などには、やはり急なことでバタバタした中で葬儀社から選ぶ必要があり、とても大変です。
葬儀社の選び方としては、まずは各社の見積もりをとることをお勧めします。 お布施や祭壇、花の量や種類などによって、各社それぞれ値段は違います。できるだけたくさん見積もりをとって、内容、金額とも最良の葬儀社を選ぶようにしましょう。