法要の種類

法要の種類

初七日や四十九日、一周忌など、骨揚げ以後に行う仏事の儀式は、すべて「法要」と呼ばれています。その中でも代表的な法要が「四十九日法要」と「初盆」「一周忌」となります。他にはどのような法要があるのか、以下にご紹介しておきます。

●初七日から七七日までの数え方
四十九日や初七日など、法要日の数え方は亡くなったその日を1日目として計算します。したがって翌日は2日目となります。ただし、こうした数え方は関東などが対象となり、関西では数え方が異なり、亡くなる前日を1日目として数えることが多いようです。 初七日忌から7日ごとに忌日があるのは、故人が生きていた間に行った様々な所業について、7日ごとに裁判にかけられるからです。そのため、無事に故人が極楽浄土へ旅立てるよう、ご遺族やご親族は7日ごとに集まり、故人のために合掌読経をするのです。それが四十九日までに行う法要の目的なのです。

葬儀費用の抑え方をお教えしましょう。見積をしっかり取る事をお勧めします。
●三月またぎ(三月掛け)
亡くなったのが月末に近い場合、四十九日の法要が翌々月となってしまうことが多く、地方によっては「三月またぎ」といい、「身を切る」「身につく」といって忌み嫌うところもあります。「お墓が欠けると病人が出る」などといった迷信だと言われていますが、このような理由から地方によっては、三ケ月目とならないよう、五七日法要(三十五日法要)を忌明法要とすることがあります。

●慶事
四十九日までは、死者の追善供養を行う期間となりますので、慶事ごとがある場合は控えた方がいいでしょう。 百回忌までに行われる法要は以下のとおりです。


・初七日忌・・・7日目
・二七日忌・・・14日目
・三七日忌・・・21日目
・四七日忌・・・28日目
・五七日忌・・・35日目
・六七日忌・・・42日目
・七七日忌・・・49日目
・百ヶ日忌・・・99日目
・一周忌・・・1年目
・三回忌・・・2年目
・七回忌・・・6年目
・十三回忌・・・12年目
・十七回忌・・・16年目
・二十三回忌・・・22年目
・二十七回忌・・・26年目
・三十三回忌・・・32年目
・五十回忌・・・49年目
・百回忌・・・99年目

身内に不幸があった時、すぐに葬儀が始まります。葬儀費用の抑え方をお教えしましょう。 それは、見積をしっかり取ると言う事です。葬儀前にしっかり見積を取る事をお勧めします。 葬儀の場合、こちらに知識がない場合が多く、業者に言われるがままに決定してしまう事が多くなりがちです。 お願いする前に、見積を出してもらい、不要と思われる部分についてはしっかり確認したり、グレードを落とせそうな物もしっかり確認しましょう。