弔辞を書く際のヒント(2)

弔辞を書く際のヒント(2)

さて、弔辞は故人の経歴やエピソードなどに触れて、生前の故人を会葬者に知っていただくものです。 ご遺族から依頼を受けた際はぜひお引き受けするようにしましょう。 弔辞はおよそ1000文字程度の文章にまとめるのが一般的です。ゆっくり読み上げますと、3分~5分程度になります。 弔辞の内容はおよそ下記の様なものになります。

1.故人の死の知らせを受けたときの悲しみや驚きをの述べて死を悼む。
2.故人との関係や、故人の生前の功績などを紹介する。
3.故人とのエピソードなどを通じ、故人の人柄を紹介する。
4.ご遺族へのお悔やみと慰めの言葉。
5.故人の冥福を祈る。

最後のお別れの言葉 弔辞は特別格式の高い葬儀などの場合以外は口語体、2人称で書くのが一般的です。 あまりにも堅苦しい文章では、ご遺族や会葬者に気持ちが届きません。 ご自身の言葉でストレートに語ってこそ、故人の人柄が浮かび出てくるものです。

葬儀費用の抑え方 家族葬を利用しましょう!お勧めします
最近では、家族や親族だけで故人をお送りする家族葬を選ぶ方が多くみえます。 葬儀費用の抑え方の観点から見てもお勧めします。 家族葬は一般の葬儀に比べてシンプルな傾向があり、祭壇や装飾に費用があまりかからないだけでなく、参列者が少ないので飲食費用や返礼品にかかる費用まで減少します。 また、一般的に10万、20万、50万など様々なコースがあり、予算に合わせて利用できるのも大きな利点です。 費用も安く抑えられ、身内のみで行われるため気を遣わないのでゆっくり故人を偲ぶことができる家族葬を、利用しましょう。



【公営斎場プランがご利用になれる斎場】
    かわさき南部斎苑