弔辞を書く際のヒント(1)

弔辞を書く際のヒント(1)

人生のうちで、そう何度も依頼されるものでもありませんね。 「弔辞」 私は今までに2度弔辞を依頼され、お引き受けしたことがあります。 1度目は会社の取引先の役員が亡くなった時です。 しかし... 文面は総務課が書いてくれました・・・。と言うより、私には書かせてくれませんでした・・・。 会社を代表して葬儀に参列するということは、政治的な意味合いが色々とあるようです。 葬儀費用の抑え方は事前攻略しておく事をお勧めします、いざという時慌てないようにしましょう


葬儀費用の抑え方 家族葬を利用しましょう!お勧めします


兄が希望する無宗教葬とは
2度目は友人が亡くなった時です。 仕事を通じて知り合い、趣味が合ったこともありすぐに意気投合し、公私共に多くの時間を一緒に過ごした方です。 歳は私より10も上でしたが、とても気が合う掛け替えのない存在でした。 享年38歳、事故死でした。 自分で書く弔辞は初めてでしたが、どんなことを書こうかと考えている時間はとても有意義な時間でした。

最近では、家族や親族だけで故人をお送りする家族葬を選ぶ方が多くみえます。 葬儀費用の抑え方の観点から見てもお勧めします。 家族葬は一般の葬儀に比べてシンプルな傾向があり、祭壇や装飾に費用があまりかからないだけでなく、参列者が少ないので飲食費用や返礼品にかかる費用まで減少します。 また、一般的に10万、20万、50万など様々なコースがあり、予算に合わせて利用できるのも大きな利点です。 費用も安く抑えられ、身内のみで行われるため気を遣わないのでゆっくり故人を偲ぶことができる家族葬を、利用しましょう。