戒名(法名)

戒名(法名)

誰かが亡くなると菩提寺にお願いして戒名を付けてもらいます。それを位牌に彫って仏壇に安置します。戒名は生前、死後にかかわらず仏門に帰依した人に与えられます。戒名は『戒を受けたことにより与えられる名前』で『戒』を守ることを仏様に誓い俗名を改める法号(ほうごう)、これが戒名です。

戒名と法名の違いは受戒を行わない真宗では戒名と言わずに法名といいます。真宗では帰敬式(おかみそり)を受けてそこで法名を受けます。つまり法名は仏様の教えに帰依して、新しい生活に入った人が持つ名前であり、生きている内に頂くものであります。なお、日蓮宗の場合は法号と呼んでいます。

葬儀費用の抑え方として家族葬をお勧めしますが参列辞退の連絡は忘れずにしましょう
◎夫婦で戒名を作る場合には
一方が亡くなり、夫婦の戒名を位牌の中に入れておく場合は、生きている方に朱を入れます。これを「寿牌」とも言い、墓の場合は「寿陵」と呼んでいます。

◎戒名の種類
戒名は、白木位牌の様に上文字、院号(○○院)、道号(△△)、法号(□□)、位号(中文字)、下文字から成り立っています。僧職で無い場合は普通位号は2種類を付けます。 一方、黒塗り位牌は、信士(女性⇒信女)、居士(女性⇒大姉、信士より費用が多くいります)、大居士(女性⇒大清姉)があります。この他に院号を付ける場合、白木位牌の○○院となり、かなり高額になりますので無理をせず自分の金銭能力内で付けて頂くように決めましょう。なお、子供の場合の位号は下記のようになります。

1.童子(中学生位以下につけます)
2.孩子(幼少の場合です)
3.嬰子(赤ちゃん)
4.水子(生まれる前につけます)

下文字の霊位は老若男女を問わず一般に使われています。位牌の裏書きとして俗名、没年月日、享年(死亡年令)が書かれています。

◎僧侶の戒名(参考に)
1. 大師号
各宗派の宗祖、高僧達に付けられています。

2. 菩薩号
釈尊の前生時代の呼称を高僧達に付けています。

3. 国師号

4. 禅師号

5. 和尚位
住職が亡くなった後付けられる位階。宗派により読み方に差があります。 例:禅宗、浄土宗は「おしょう」、真言宗は「わじょう」、天台宗は「華尚=かしょう」

6. 阿闍梨
天台宗、真言宗の一部の僧侶に使用されています。

7. その他多数あります。

◎宗派別法号(その宗派独特の法号)

1. 阿号
浄土宗の僧侶が法号の上に付けられます。

2. 譽号
浄土宗の僧侶、信者に付けられます。

3. 釋号
真宗では全ての僧侶、信者に付けられます。

4. 日号
日蓮宗では一般に付ける。女性の場合は妙が付けられます。

5. 禅定門禅定尼  
仏道に入った者に付けられます。

◎法名
真宗の場合生前に帰敬式(おかみそり)を受ける事が出来なかった場合は手次寺(旦那寺)の住職が、門主に変わっておかみそりを行い法名が贈られます。院号は懇志(こんし)を一定額納めれば頂けます。

葬儀費用の抑え方として家族葬をお勧めします、一般葬よりも葬儀の費用そのものが低くなるのに加え参列者が身内だけに限られるのでお香典やお食事に形式ばった気遣いの必要もないので葬儀そのもの以外の出費も抑えられます。 ただし、身内だけでの惜別の場となるので故人と繋がりがあったその他の方々へは家族葬であることと参列や香典の辞退を忘れずに伝えておかなければなりません、その際の文面は相手方に失礼とならぬよう注意しましょう。