お悔やみの電報例

お悔やみの電報例

お悔やみの電報を打つ際の参考例をご紹介しますので、ご自身でお悔やみ電報を打つ際にご利用ください。文末の( )の数字は文字数です。

葬儀費用の抑え方は自分で決定しましょう。生前予約をお勧めします。

● 謹んで哀悼の意を表します。(13)
● ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。(21)
● ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。(26)
● ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。(23)
● 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈り申しあげます。(28)
● ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。(26)
● ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 (41)
● 突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、在りし日を偲び心からご冥福をお祈りいたします。(70)
● ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。(23)
● 悲報に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福をお祈りいたします。(32)
● ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。(42)
● ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 (42)
● ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。(54)
● ○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。(26)
● ○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(46)
● ○○様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申しあげますとともに衷心より哀悼の意を表します。 (44)
● ○○様のご逝去を知り、驚愕いたしております。いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。ご冥福をお祈りいたします。(103)
● 最愛の○○様がお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。どうぞお気を強くなさってください。心からお悔やみ申しあげます。(73)
● ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。(48)

大切な人が亡くなって、家族は悲しんでいる暇もなく葬儀の段取りを決めなければなりません。気持ち、時間に余裕のない中、安く抑えたいという気持ちはあるけれど、故人の事を思うと、やはり見栄えを考えたり、人生の締めくくりとして盛大に送り出したいという、送る側の気持ちが前に出てしまいます。送る側の人の事を考えて、生前予約をお勧めします。自分が生きている間に葬儀の規模、内容等を葬儀社と打ち合わせしておくのです。そうすれば、故人の意思として尊重され、送る側は余計な費用を抑えることができます。葬儀費用の抑え方は自分で葬儀を決定しましょう。