四十九日以降の法要

四十九日以降の法要

四十九日までは7日ごとに法要がありますが、これは故人が生きていた間に行った所業について、7日ごとに裁判にかけられるからです。そのため、遺族や親族は無事に故人が極楽浄土へ旅立てるよう、みなで集まって故人のために合掌読経をします。では、四十九日以降はどのような法要が営まれるのでしょうか?

葬儀費用の抑え方は家族葬をお勧めします。更に複数社で見積しましょう。
■七十七日忌以後の主な忌日

◎百ヶ日
四十九日が過ぎるとやっと一段落してきますが、次の一周忌の前に「百ヶ日」という法要があります。「百ヶ日法要」は異名年忌によれば卒哭忌と呼ばれ、故人のために泣いて暮らすのはこの時期までとし、現実生活に戻る頃となります。冷たいようですが、この時期になると悲しみも薄れてくるからだとも言われています。

◎一周忌
「忌明け法要」と呼ばれる四十九日法要の後の大きな法要が「一周忌法要」となります。規模は、四十九日法要と同程度の法要を営むと考えていれば良いでしょう。故人が亡くなってちょうど1年が経ち、悲しみだけでなく、死についての問題を見つめ直すことができるよい時期でもあります。

◎三回忌
三回忌からは、「満」で数えるのではなく、数えの年数であらわします。すなわち三回忌は満2年、七回忌は満6年、十三回忌は満12二年という具合です。

◎それ以後の年忌
地方によっては二十三回忌と二十七回忌を行わないところもあります。三回忌を過ぎると、年忌の間隔が長くなります。それは、毎年、年忌法要を行うことは経済的にもかなりの負担となるからです。かと言って、何もしないという訳にもいかず、このような形が定着したのでしょう。 では、いつ頃、法要を行えばいいかですが、忌日か忌日前に営むようにしてください。すべての法要について、忌日が越えることはよくありませんので注意しましょう。忌日を一覧にしておきますので参考にしてください。

並び順は、忌日⇒(1)異名年忌、(2)十三仏、(3)王となります。

・初七日忌(7日目)⇒(1)所願忌(しょがんき)、(2)不動明王、(3)泰広王

・二七日忌(14日目)⇒(1)以芳忌(いほうき)、(2)釈迦如来、(3)初江王

・三七日忌( 21日目)⇒(1)洒水忌(しゃすいき)、(2)文殊菩薩、(3)宗帝王

・四七日忌(28日目)⇒(1)阿経忌(あきょうき)、(2)普賢菩薩、(3)五官王

・五七日忌(35日目)⇒(1)小練忌(しょうれんき)、(2)地蔵菩薩、(3)閻魔王

・六七日忌(42日目)⇒(1)壇弘忌(だんこうき)、(2)弥勒菩薩、(3)変成王

・七七日忌(49日目)⇒(1)卒哭忌(そっこうき)、(2)薬師如来、(3)泰山王

・百ヶ日忌(99日目)⇒(1)卒哭忌(そっこうき)、(2)観世音菩薩、(3)平等王

・一周忌(1年目)⇒(1)小祥忌(しょうしょうき)、(2)静至菩薩、(3)都市王

・三回忌(2年目)⇒(1)大祥忌(だいしょうき)、(2)阿弥陀如来、(3)転輪王

・七回忌(6年目)⇒(1)遠波忌(おんばき)、(2)阿閤如来、(3)蓮華王 ・十三回忌(12年目)⇒(1)遠方忌(えんぽうき)、(2)大日如来、(3)慈恩王

・十七回忌(16年目)⇒(1)慈明忌(じみょうき)、(2)胎大日如来 ・二十三回忌(22年目)⇒(1)大士忌(だいしき)、(2)金大日如来 ・二十七回忌(26年目)

・三十三回忌(32年目)⇒(1)冷照忌(れいしょうき)、(2)虚空蔵菩薩、(3)祇園王 ・五十回忌(49年目)⇒(2)不二大日如来

・百回忌(99年目)⇒(1)一会忌(いちえき)

基本的に一般葬と家族葬を比べると家族葬の方が費用が安くつくとイメージがあります。確かに、葬儀費用の抑え方としては正解ですがポイントがあります。それは自宅葬にすることです。葬儀会場を借りる費用がなくなりますのでお勧めします。また、自宅では無理な場合はより予算に合った葬儀社を選ぶために複数社で見積をしてもらうようにしましょう。セット料金についてはそれぞれで大きく違いますので、比較した上で満足のいく葬儀ができるようにしてください。