音楽葬に実際に参加されたりした方もいると思います

音楽葬に実際に参加されたりした方もいると思います

葬儀と一言にいっても、さまざまな葬儀のスタイルがありますね。 そして、最近の葬儀においては、音楽葬ということで、生前に故人が気に入っていた曲や好きであった曲などを生演奏するという葬儀の方法があります。 音楽葬というのは、このような葬儀なのです。 この音楽葬の際の演奏について、よく依頼されるのは弦楽器が主になることが多いそうです。 音楽葬は時々見かけることがあったり、また、音楽葬に実際に参加されたりした方もいると思います。 この音楽葬の演奏スタイルについてさまざまな例が出てきています。 例えば、学校の担任の先生など急になくなった場合などは、その学校で担任をしていた教室の生徒が演奏するというようなケースもあります。

葬儀費用の抑え方は、家族葬パックをお勧めします。追加料金のない金額の上限を確認しましょう


遺族代表謝辞にかける音楽と音楽葬

遺族ですが葬儀ではしなければいけない事がたくさんあります。 そのしなければいけないものですが、たとえば、遺族代表謝辞というものがあります。 一般的に喪主の方が出席して下さったみなさんに対してお礼を述べるわけです。 音楽葬といえば、その時にも音楽をかけることになります。 選択性があるのが音楽葬の良いところですので、 話す内容についてあっているような音楽をかけることができるように考えてみてはいかがでしょうか。 ただ、音楽葬ということであまり力お入れすぎないでも良いです。 悲しい中にも前向きに生きていこうということが感じられるような楽曲を選べばよろしいです。 音楽葬ではそういった曲として、見上げてごらん夜の星をや星に願いを、といった曲をかけることが多くなっています。 音楽葬は選曲センスもとわれるわけです。 葬儀として成功するような曲を選択して音楽葬を成功させましょう。

音楽葬・家族葬・無宗教葬について

葬儀費用の抑え方は、家族葬パックをお勧めします。家族葬は現在ではよくある葬儀になりつつあるので、体外的に交際が少ない家庭や葬儀の煩わしいから開放されたい方向けです。パックであれば葬儀の基本的なものはすべて含まれており、追加料金不要が原則です。中には業者により、例外的な追加料金発生する場合がありますが、そのケースについては契約の際良く説明してもらうほうがいいです。 追加料金なしを原則として家族葬パックでは、必ず支払う上限の金額の確認しましょう。