任意売却の注意点について

任意売却の注意点について

住宅ローンの支払いが困難な状況になってしまった際には、任意売却という選択肢が出てくる事かと思います。 そして任意売却には様々なメリットがありますから、そういった状況に陥ってしまった際に選択をする方も少なくないのではないでしょうか。 しかし任意売却には注意しなくてはいけない事がありますので、今回はその注意点を紹介したいと思います。 その注意点とは、任意売却をしてそれだけで住宅ローンがなくなるというわけではないという事です。 任意売却で住宅を売却し得たお金で残りの住宅ローンを返済できない場合には、当然住宅ローンは残ってしまいます。 なので任意売却さえすれば住宅ローンをチャラにできるというのは大きな勘違いです。 その事をきちんと頭に入れて、それでも任意売却をしたいと考えた方は任意売却をする事をおすすめします。今任意売却を検討しているという方は、このような注意点は必ず頭に置いておくようにしましょう。参考になれば幸いです。

任意売却後の引越しはどうする?

いざ任意売却をしようと思っても、実際に家が売れれば明け渡すために引越しをしなくてはなりません。 ところが、お金が無いから任意売却に至るのであって、引越し代の数十万円が作れないということは十分あり得る話です。 任意売却の場合、売却に掛かる費用は債権者が負担するので、債権者が了承さえすれば引越し代も出してもらえる可能性すらあります。 ただし、あくまでも交渉の結果であり、任意売却なら引越し代が出ると勘違いしてはいけません。 そもそも任意売却を債権者が認める理由は、任意売却の方が売却金額が高い、すなわち債権者への戻りが大きいことが理由なので、売却費用や引越し代まで負担した結果、競売よりも戻りが少なくなってしまっては、債権者としても元も子もない結果に終わってしまいます。 ですから、競売よりもある程度高く売れることが予想できる物件でなければ、引越し代までは負担してもらえませんし、全く交渉に応じてくれない債権者だっているでしょう。それでも競売の落札者が善意で引越し代を出してくれる可能性を考えれば、任意売却の方が見込みがあると言えます。



【神奈川県(他市・町)】