住宅購入にあたり任意売却という事を知りました

住宅購入にあたり任意売却という事を知りました

私は去年家を購入しました。 その際に住宅ローンについてたくさん調べたのですが、その時に 知った言葉…任意売却です。 厳しいローンを組んだ結果ローンを払えなくなった人がこの任意売却という 制度を利用しているという事を知りました。 厳しいローンは組むものではありませんね…。 他にも理由はもちろんあるとは思います。 でもこの任意売却はネガティブな制度ではないんです。 競売と似ている感じがしますが競売なんかよりはるかに親切です☆ 売却価格も市場相場に近いです。 何よりいいなと思うのが親子間、親族間、兄妹間売買という仕組みを 利用するとそのまま住み続けられる可能性も出てきます。 もちろん様々な条件をクリアしなければなりませんが。 それでもこれは競売では絶対にないことなんです。 それにプライバシーの確保も任意売却にはちゃんとあります。 競売物件だと広告が出されたりという事でご近所や職場などに 知られてしまう可能性もあると聞きます。 これから家を購入する方にとっては売却なんて考えたくもないことではありますが任意売却という言葉も頭の片隅にあればいざという時に何かの役に立つかもしれません☆

任意売却後のフォロー体制

任意売却によって、不動産の売却が完了したからといって、それですべてが完結するわけではありません。 任意売却後も、住宅ローンは完済しきれず、残債の返済をしなければならないというケースが、任意売却の大半を占めております。 その残債によって、新たなスタートダッシュが切れず、再び借金地獄に苦しんでしまっては、今度は任意売却すべきマイホームもありませんので、さらに窮地に陥ってしまいます。 そんなときには、任意売却をしてもらった不動産業者に相談をしてみましょう。 任意売却の専門業者で評判のいいところですと、任意売却後の残債に関する交渉も、債権者と行ってくれております。 また、アフターフォローも無料でしっかりとしているので、そういった業者であれば安心です。 いけない業者は、売買のときだけ熱心で、そのあとのことに関しては知らん振りというような業者です。 任意売却をする前には、残債の交渉やアフターフォローの体制についてしっかりと確認をしておきましょう。



【神奈川県(横浜市)】 【神奈川県(川崎市)】