無宗教葬ってのがあるんですね

無宗教葬ってのがあるんですね

今まで知らなかったのですが無宗教葬という葬式の形態があるのですね。お経や賛美歌の代わりに個人が生前愛した音楽を流すのが無宗教葬のコンセプトらしいです。すばらしいですね。私は音楽が好きでカラオケが馬鹿がつくほど好きなものです。お酒を飲んで機嫌が良くなったら、すぐにカラオケに行こうといいだす種類の人間です。カラオケは歌うのも、聞くのも大好きですね。音楽は本当に素晴らしいです。人間が神様から与えられた、宝物の一つであるとすら思っています。  私が死んだら愛しい家族や友達に是非無宗教葬で見送って欲しいと思います。合唱団に歌ってもらうのはちょっとお金がかかるから、家族や友達に僕が生前によく歌ったカラオケの歌を歌って欲しいものです。無宗教葬のいいところはとても賑やかで明るいところですよね。両親も音楽が好きだから無宗教葬を奨めようかとすら思います。

葬儀費用の抑え方は事前攻略しておく事をお勧めします、いざという時慌てないようにしましょう
兄が希望する無宗教葬とは

兄が無宗教葬について話していました。お葬式という年齢でもないし、誰かの無宗教葬に出席したわけでもないはずなのに。

無宗教葬が始まるまでは、しっとりとアルビーノのアダージョ、ト短調と、バッハのG線上のアリアを流してほしいのだとか。

式が始まると、ショパンのノクターンを。

また、故人の生涯について語られるときは、軽快にジャズをかけてほしいというのです。違和感がありましたが、兄らしいし、もしかしたら、曲の選択によっては、個性のある無宗教葬になるような気がしてきました。

送る言葉のときは、ショパンの別れの曲。弔電披露のときは、ベートーヴェンのピアノソナタ、第26番告別。献花のときには、リンダ・ロンシュタットの歌を流してほしいのだとか。

なぜか、ばらばらな感じですが、無宗教葬には、そういったことも許されるのかもしれません。

葬儀費用の抑え方は、いざという時に困らないように事前の下調べを丁寧にしましょう。 住まいのエリアの相場を把握し、極端に高額や低額な葬儀社は何か理由があります。 ポイントは、基本代金だけを調べるのではなく、最終的に掛かるオプション等を追加した総額を算出してもらい、比較検討する事をお勧めします。 こうする事で、無駄が分かり、葬儀費用を抑える事が可能になります。 何も準備していないと言い値で事が進みます、ある程度知識を持って対応しましょう。