よくある葬儀トラブルの傾向

よくある葬儀トラブルの傾向

よくある勧誘方法に関するトラブルを紹介したのちにそれに対する対策をみてまいります。
葬儀業界において一部の悪質な業者によって、適正でない勧誘は行われるというケースがあります。虚偽の説明に基づく勧誘、強引な勧誘、説明が十分になされない勧誘といったものが挙げられます。
虚偽の説明に基づく勧誘として問題となっているのは、依頼者が地域の冠婚葬祭互助会に参加し、一定額を支払らっているので御社には頼まないと断った場合に、当社でも互助会は利用できると言われ、それならばと思って依頼したが実際には利用できなかったというケースや病院からの搬送を依頼しただけなのに、その後の葬儀の段取りまで勝手に進められてしまったといったケースです。
このようなトラブルについては、嘘をいって消費者を錯誤に陥らせたうえで契約をしているなど明らかに法律違反になる場合が多いと思われるので、納得のいかないまま進めるのではなく、しっかりと事前に聞いていた内容と違うことを主張しましょう。場合によっては公的な機関にある相談窓口に相談をすることで解決に向かうこともありますので活用することをお勧めします。
強引な勧誘については、急な不幸に憔悴している遺族に「早く葬儀について決めなくてはならない」とまくしたて、強引に自社での葬儀を承諾させるなどといったケースがあります。
このようなトラブルについては、いったん承諾をしてしまっている以上、その営業のやり方の適否は別としてなかなか解決し難いというのが実際のところです。葬儀について急いで決めなければならないことや、冷静な判断がなかなかできないことが原因となりますので、葬儀の契約は、できるだけ早い段階で親族などを呼んだ上で行うようにすることで防ぎやすくなると思われます。強引にまくしたて、急かしてくる業者に依頼すべきではないでしょう。
説明が十分になされない勧誘については、あまりに程度がひどい場合は上述の虚偽説明になりますが、説明した説明されてないと水掛け論になることの多い難しいケースが多いのが実情です。また、カタログの写真と異なるものが用意されるといったトラブルもあります。
このようなトラブルについては、事後の解決が難しいため、打ち合わせの段階でしっかりと説明を求めるようにするスタンスが重要となります。葬儀社に任せるのではなく積極的にアプローチをしていきましょう。また、用品に関しては葬儀社の店舗に赴くなどして、現物を確認することも効果的です。

葬儀社の選び方。意見を聞いてくれるところをお勧めします。意思を伝えるようにしましょう。

5-7よくある葬儀トラブルの傾向と対策(1)
ここでは、よくある勧誘方法に関するトラブルを紹介したのちにそれに対する対策をみてまいります。
葬儀業界において一部の悪質な業者によって、適正でない勧誘は行われるというケースがあります。虚偽の説明に基づく勧誘、強引な勧誘、説明が十分になされない勧誘といったものが挙げられます。
虚偽の説明に基づく勧誘として問題となっているのは、依頼者が地域の冠婚葬祭互助会に参加し、一定額を支払らっているので御社には頼まないと断った場合に、当社でも互助会は利用できると言われ、それならばと思って依頼したが実際には利用できなかったというケースや病院からの搬送を依頼しただけなのに、その後の葬儀の段取りまで勝手に進められてしまったといったケースです。
このようなトラブルについては、嘘をいって消費者を錯誤に陥らせたうえで契約をしているなど明らかに法律違反になる場合が多いと思われるので、納得のいかないまま進めるのではなく、しっかりと事前に聞いていた内容と違うことを主張しましょう。場合によっては公的な機関にある相談窓口に相談をすることで解決に向かうこともありますので活用することをお勧めします。
強引な勧誘については、急な不幸に憔悴している遺族に「早く葬儀について決めなくてはならない」とまくしたて、強引に自社での葬儀を承諾させるなどといったケースがあります。
このようなトラブルについては、いったん承諾をしてしまっている以上、その営業のやり方の適否は別としてなかなか解決し難いというのが実際のところです。葬儀について急いで決めなければならないことや、冷静な判断がなかなかできないことが原因となりますので、葬儀の契約は、できるだけ早い段階で親族などを呼んだ上で行うようにすることで防ぎやすくなると思われます。強引にまくしたて、急かしてくる業者に依頼すべきではないでしょう。
説明が十分になされない勧誘については、あまりに程度がひどい場合は上述の虚偽説明になりますが、説明した説明されてないと水掛け論になることの多い難しいケースが多いのが実情です。また、カタログの写真と異なるものが用意されるといったトラブルもあります。
このようなトラブルについては、事後の解決が難しいため、打ち合わせの段階でしっかりと説明を求めるようにするスタンスが重要となります。葬儀社に任せるのではなく積極的にアプローチをしていきましょう。また、用品に関しては葬儀社の店舗に赴くなどして、現物を確認することも効果的です。

葬儀社を選ぶことは、そう何度もあるものではありません。大切な故人を送るものだから良いお葬式をしたい時には、葬儀をお願いする葬儀社をあらかじめ決めておくことをお勧めします。葬儀社の選び方のポイントは、個人の家族の意向をしっかりと聞いてくれるところを選ぶことです。最低限、一般的な常識は必要かもしれません。しかし、家族の意向をしっかり聞いてくれれば代案もあるはずです。言いなりになることなく、外せない主張はしっかりとするようにしましょう。